· 

目には見えないけど、身体は其処に在る。

 

仙台市青葉区のレイキ手当てと身体感覚が目覚める『掌の整体処』あまるめ仁志 です。

目に見えるし、手で触れられる体。
それは確かに在るし、いまもこうやって使っています。

でも、人を纏めているモノって、それだけじゃ無いと思っています。

目で見て、手で触れられる体の前に在る身体。
感覚で観る身体が、不確かだけど存在しているのです。

そして、何故か知らないけど、昔の人はその不確かな身体の扱いに長けていました。

武術しかり、芸事しかり。

生活でも仕事でも、不確かな身体と感覚を根幹にして、成り立たせていました。

その精度は、我々が便利な機器を駆使しても太刀打ち出来ないものなのです。

不確かな身体が、最も人と人の能力も際立たせるのです。
 
本当の身体って、一体何でしょうね?

雨が降り続く仙台。

梅雨明けしたら、雨が続いてます。

そろそろ、夏らしい青空が見たいですね。