· 

【閲覧注意!】レイキ(靈氣)手当てとエネルギーワーク

 

仙台市青葉区 レイキ手当てと身体感覚『掌の整体処』あまるめ仁志 です。

今日の記事は、閲覧注意です。

フェイスブックやツイッターでの拡散もご遠慮願います。

なにせ、既存のヒーリング界や施術界の常識を覆していまう内容を含んでいますので・・・。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お題は、レイキ手当てとエネルギーワーク。

レイキは靈氣と表記するとおり、氣(エネルギー)の文字が含まれます。

なので、エネルギーワークと評されますが・・・

エネルギーワークとは、氣などのエネルギーを扱う事、ということになります。

ところが、実際に伝統靈氣の手当てを学んでいくと、エネルギーを扱うものとはちょっと、いや全く違います。

靈氣というエネルギーは確かに存在していますが、伝統のレイキ手当てや靈氣療法ではエネルギーの操作は一切しません。

なにをするかといえば、肉体とは異なる「身体(カラダ、しんたい)」を、身体感覚を通じて「観る」のです。

「観る」ことで、目には見えない本当の身体が現れ、そして動き出します。

その身体の動きを、ありのままに感じ、ありのままに観ることで、靈氣といわれるエネルギーは勝手に集まったり拡散したりします。(←ここが靈氣の最大の特徴)

靈氣、レイキエネルギー自体は全くいじらないし、操作しないし、流す意図もしないのです。

レイキ手当てや靈氣療法というのは、身体の動きを通じて「いのちの動き」に気がついていくことで行われます。

そうすると、そこに靈氣が現れ、身体が動くための源になる!という事なのです。

レイキ(靈氣)手当ての主体は「氣を扱う技」ではなく、「身体のいのちの動きを感じ取るにはどうしたらよいのか?」の実践です。

エネルギー主体ではなく、生きている人の目に見えない身体といのちの動きが主体なのです。

このような目に見えない身体といのちの動きを観る技法を、伝統靈氣では「病腺霊感法」といい、伝統靈氣の根幹となる技法となっています。
(手に感じる響き、ヒビキとは異なります。)

この靈氣といわれるエネルギーは本当に不思議なのです。

既存の知識や常識や、固定概念となっているエネルギーワークの範疇外のもの。

だから、臼井先生はこの訳のわからない靈氣というエネルギーの働きを、理解不能な「宇宙のエネルギー」と表現したのでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今回の内容は、他言無用です!

ご質問などありましたら、お問合わせフォームからお問合わせ下さい。

お応え出来る範囲で、回答いたします。

それでは、佳いお盆をお過ごしください♪