· 

身体感覚とスクワット


【身体感覚とスクワット】


仙台市青葉区で身体感覚体験ワークショップを定期開催している『掌の整体処』あまるめ仁志 です。


昔むかし、15年くらい前まではバドミントンやりながら、筋トレマニアだったわたくし。


胸囲は100センチあったし、太もも周りは70センチくらいありました。


レッグプレスは片足100キロ超えのウェイトでトレーニングしてたし、とにかく週に最低でも3回はウェイトトレーニングしてました。


それが、30歳過ぎてからはウェイトトレーニングをしなくなりました。


理由は、筋トレしても身体使いのパフォーマンスが上がらなかったのと、伸びに限界を感じたから。


そこから武術、そして手当てに繋がっていくのです。


筋トレで身体使いが向上しなかったのは、感覚と身体が全く繋がっていなかったから。


ここで言う身体感覚とは、いわゆる筋肉の感覚とはちょっと違います。


そんな身体感覚が土台にあって、身体を厳しく扱うと、自然と必要な筋肉は付いてくるように感じます。


そうやって付いた筋肉は、筋トレで作ったものとは大分違うのです。


筋トレではポピュラーな種目にスクワットがありますが、これを身体感覚を使って行うと、大体の方々はキツイ!と言います。


別にウェイト担いでいる訳でもなく、自重でのスクワット数回やるだけで、キツイ!となります。


これ、武術の型稽古とも似ています。


厳密に型を取ると、非常にキツイのです。

この時、実は身体感覚が豊かに発生しています。


いかに、普段我々は感覚を使っていないかを、身体感覚を使う事で初めて気付くのです。