· 

リブログ「背骨の意識の通し方って?~その2~」

【リブログ「背骨の意識の通し方って?~その2~」】

 

(参照)前回までの記事

 「背骨の意識の通し方って?」

 

 

背骨がどの程度意識出来てるか?

 

まず、準備です。

 

正座して背筋を伸ばし仙骨の上に、背骨も頭も乗るように姿勢を整えます。

 

このとき、背骨を感じてみてください。

 

背骨を何となく感じられたら、それで良しとします。

 

その感じを覚えておいてください。

 

 

それでは、簡単なワークで背骨を動かしてみましょう。 

 

 

ネコのポーズってわかりますか?

 

正座の状態から、両手を床に付き四つん這いの姿勢を取ります。

 

このとき、足首は伸ばさずに、つま先を立てておいてください。

 

 

それでは、ゆっくりと背中を目いっぱい丸めて行きます。

 

このとき、鳩尾の後ろ側より少し下、

 

腰椎の2番あたりから動き出してみます。

 

できますか?

 

このとき、パートナーがいれば腰椎2番に棒のようなものを当ててもらうと、

 

動き出しが2番になっているかがよく分かります。

 

 

やってみると、胸椎から動いてしまったり、

 

骨盤ばかりが、後傾してしまうかもしれません。

 

 

腰椎2番から動き出して、目いっぱい背中を丸めます。

 

呼吸は、止めずに自然に任せてやってください。

 

もう限界!まで丸めたら、

 

こんどはゆっくりと、戻していきます。

 

 

つづく。

 

 ↓多くの人に掌の整体処を知ってもらいたいのです。

↓1日一回、ブログランキングにご協力お願いしますm(_ _)m