· 

リブログ「背骨の意識の通し方って?~その3~」

【リブログ「背骨の意識の通し方って?~その3~」】

 

(参照)前回までの記事

 「背骨の意識の通し方って?」

 「背骨の意識の通し方って?~その2~」

 

~その2からのつづき~

 

限界まで丸めた背中を、ゆっくり元に戻していきます。

 

このときも、腰椎2番から動き始めて、スタートの姿勢に戻ります。

 

 

そして、今度は背中をゆっくりと、限界まで反らせていきます。

 

 

反らせるときも、腰椎2番から動き出します。

 

パートナーが居るときは棒などでみぞおちの少し下と、腰椎2番を挟み込むように触れてもらうと意識しやすいです。

 

反る時と同様、なかなか思うように腰椎から動けないかもしれません。

 

少し手のほうに体重を移動すると、反りやすいと思います。

 

反る時も呼吸は止めないように。

 

限界まで反らしたら、ゆっくりとスタート状態に戻ります。

 

これを3回程度、繰り返します。

 

3回繰り返したら、ゆっくり正座の状態に戻っていきます。

 

背筋を伸ばし、姿勢を整えたら、準備の時と同じく背骨を感じてみます。

 

 

ワークを行う前に比べて、感覚がはっきりとしていませんか?

 

この感覚の差が大きほど、普段は背骨の意識が行われてい証拠。

 

このワークを通じて、背骨の感覚を養ってみましょう。

 

 

 ↓多くの人に掌の整体処を知ってもらいたいのです。

↓1日一回、ブログランキングにご協力お願いしますm(_ _)m