· 

仙台市 ある日の施術研究会

先日、治療家仲間と施術の研究会をしてきました。

 

いつもありがとうございます。 

仙台市のレイキ整体『掌の整体処』あまるめ仁志 です。

 

テーマは身体のコリや張りの緩め方。

コリや張りはただ揉む押せばいい、といった考え方の手法がまだまだ多いようで…

それで身体を毀される方もいるよね、と。

そんな事をせずとも、ちゃんと緩む方法があるのでそれを一緒に検証した。

そのあとの雑談では、ある手技療法の名人の話になって。

名人本人は名人だけど、その弟子はなぜ名人になれないか?

って話題に。

自分が思うに、やっぱり感覚なんだと。

必要な身体感覚があって、名人は名人としての技を発揮するけれど、

弟子にはその身体感覚が抜けていれば、いくら技のカタチをなぞっても、名人にはなれなくて。

そして、もう一つポイントは、名人自身が自分の感じている感覚を無自覚でしか捉えていないということ。

だから、弟子にその感覚を伝えられないし、その感覚が抜けている事も気づいてやれない。

そんな事を話して、身体感覚の大切さと、自覚の大切さを改めて感じてきたのでした。

 

↓多くの人に掌の整体処を知ってもらいたいのです。

↓1日一回、ブログランキングにご協力お願いしますm(_ _)m